スタイル読込

コマンド概要

Excelで編集したスタイルの内容をプロジェクトに反映させます。

対応製品
AX-PlannerAX-DDAX-STAX-CM
AX-CostAX-FMAX-FamilyAX-DM
対応製品
AX-PlannerAX-DD
AX-STAX-CM
AX-CostAX-FM
AX-FamilyAX-DM
動画

準備中

サンプルデータ

準備中

操作解説
STEP
EXCEL修正

「2019.10.19.1 ver」以降のバージョンでは、スタイルタグを配置する箇所が「凡例ビュー」から「製図ビュー」へ変更となりました。 ダイアログ上の表記が凡例ビューのままとなっている箇所がありますが、正しくは「製図ビュー」です。ご注意ください。ご迷惑をおかけしますが、改善まで今しばらくお待ちください。

[スタイル書出]で書き出したExcelを修正し、上書き保存をしてExcelを閉じます。

STEP
コマンド選択

[AX-Cost]タブ > [AX スタイル管理]パネル > [スタイル 書出D]コマンド下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[スタイル読込]コマンドを選択します。

解説時のタブ名は一例であり、他の製品でも利用することができます。詳しくは製品案内の中にあるコマンドリストでご確認ください。

読み込みを行うExcelを閉じてからコマンドを実行してください。

STEP
選択

読み込むExcelデータを指定します。

STEP
確認

読み込みが完了すると、完了ダイアログが表示され、修正したスタイルタグの情報が反映されます。

STEP
選択

[はい]をクリックすると、読み込みを行ったExcelデータを開きます。

STEP
END