部屋からモデル作成

コマンド概要

部屋のパラメータから床・壁・天井のモデルを作成します。

対応製品
AX-PlannerAX-DDAX-STAX-CM
AX-CostAX-FMAX-FamilyAX-DM
対応製品
AX-PlannerAX-DD
AX-STAX-CM
AX-CostAX-FM
AX-FamilyAX-DM
動画

準備中

サンプルデータ

ダウンロードするにはログインが必要です

ダウンロードするにはログインが必要です

操作解説

2024.6.7.1 verより、
・Excelのスタイルリストでマテリアルのシェーディングの色を指定しておくことで、コマンド実行時に自動的に新規作成されるマテリアルに色が反映されるようになりました。

【Excelのデータ整備に関する注意点】
・ExcelのG列シェーディングの色はエラーの原因となる為、「テーマの色」は設定できません。



・Excelのスタイルリストにシェーディングの色が設定されている場合は、新しく作成されるマテリアルの色に反映されます。

STEP
準備

このコマンドを実行するには、S環境設定コマンドでパスの設定をしておく必要があります。

STEP
コマンド選択

[AX-DD]タブ > [モデル作成]パネル > [部屋からモデル作成]コマンドを選択します。

部屋を選択した状態でコマンドを実行すると選択した部屋のみでコマンドを実行することができます。

STEP
選択

ダイアログが表示されるので更新範囲と作成、更新する部材を選択します。

部材のタイプパラメータ[説明](壁の場合は、インスタンスパラメータ[コメント])に「躯体」「性能壁」「AX-NG」と入力された部材は更新の対象から除外されます。

2021.06.30.1 ver以降のインストーラでは、インスタンスパラメータ[コメント]に「性能壁」と入力されている壁に対しては仕上部分のみ更新されます。

STEP
確認

「チェックしてみる」をクリックして対象となる部屋の情報がスタイルリストに定義されているかを確認します。
スタイルリストに不備がある場合、[キャンセル]をクリックしてスタイルリストを修正してください。

「チェックしてみる」を行わなくてもコマンドを実行することができます。

STEP
実行・確認

[OK]をクリックすると部屋の情報からモデルが作成、更新されます。

STEP
END

巾木と廻縁はRevitの仕様上、高さが31mm未満の場合は 作成されません。