床下地割付

コマンド概要

スタイルから床のモデルを部材単位で作成します。

対応製品
AX-PlannerAX-DDAX-STAX-CM
AX-CostAX-FMAX-FamilyAX-DM
対応製品
AX-PlannerAX-DD
AX-STAX-CM
AX-CostAX-FM
AX-FamilyAX-DM
動画

準備中

サンプルデータ

ダウンロードするにはログインが必要です

ダウンロードするにはログインが必要です

操作解説
STEP
準備

コマンド実行前にあらかじめ、「S環境設定」でExcelファイルを指定しておきます。

・コマンド実行前にExcelデータ「AX_スタイルリスト_共同住宅」のシートタブ[床下地割付(○○)]のスタイル登録を行ってください。

STEP
コマンド選択

[AX-CM]タブ > [施工モデル]パネル >[床下地割付]コマンドをプルダウンから選択します。

STEP
選択

割付を行う床のエッジをクリックします。ここで指定したエッジが大引き方向となります。

STEP
選択

表示されたダイアログの左側で、マテリアルスタイルの選択を行うと、右側の部材スタイルが自動選択されます。

※右側に情報が反映されない場合は、Excelデータの修正が必要となります。また、手動で入力することも可能です。

STEP
確認

作成する要素をグループ化する場合は、オプション[グループ化]にチェックを入れてください。

スタイル選択を行うことにより右側の部材スタイルが自動的に選択されます。
(※スタイルセットが設定されている場合に限ります)
[登録]ボタンをクリックすると、マテリアルスタイルにスタイルセットが登録されます。

STEP
確認

[OK]ボタンをクリックすると各種部材モデルが作成されます。

STEP
END