床スタイル

コマンド概要

スタイルリストから仕上・下地・構造を選択し、床を作成します。

対応製品
AX-PlannerAX-DDAX-STAX-CM
AX-CostAX-FMAX-FamilyAX-DM
対応製品
AX-PlannerAX-DD
AX-STAX-CM
AX-CostAX-FM
AX-FamilyAX-DM
動画

準備中

サンプルデータ

ダウンロードするにはログインが必要です

操作解説

スタイルリスト(製図ビュー)をあらかじめ整備しておく必要があります。

STEP
選択

編集する床を選択します。

複数選択には対応していません。

STEP
コマンド選択

[AX-DD]タブ > [詳細設計]パネル > [壁スタイル]コマンドの下部をクリックし、ドロップダウンメニューから[床スタイル]コマンドを選択します。

解説時のタブ名は一例であり、他の製品でも利用することができます。詳しくは製品案内の中にあるコマンドリストでご確認ください。

STEP
選択

ダイアログが表示されるので、仕上、下地、構造をプルダウンから選択します。(内容はスタイルリスト[AXS_内部マテリアル]のマテリアルスタイルの内容を参照しています)

また、[スタイルタイプ]のプルダウンではスタイルリスト[AXS_内部マテリアル]のスタイルタイプの内容を選択できます。

STEP
設定

[キーワード]オプションでは、AX-DD[部屋からモデル作成]でのキーワードとなる文言を設定できます。

STEP
選択

パーツを作成する場合は[パーツを作成する]にチェックを入れます。

STEP
確認

オフセットを入力して[OK]をクリックすると、選択した内容で新しいタイプの床が作成されます。

STEP
END

部屋の仕上情報をダイアログに表示させるためには、床の作成高さと部屋のボリューム(下部レベル)が一致もしくは、ボリューム内に作成高さが含まれている必要があります。AX-Design[部屋高さ自動調整]コマンドを事前に実行しておいてください。